リフォーム会社は見極めること

リフォーム会社の会社概要は必ずチェックした方がいいそうです。

リフォーム会社を選ぶ際に最も重要となってくるのが、建設業の許可を得ているかどうかだそうです。リフォームは請負代金が500万円未満であれば、建設業の許可なく工事ができるそうです。

設備や内装の取り換えならまだしも、間取り変更が絡むような工事だったら、たとえ500万円未満だろうと建設業の許可がある会社に依頼したほうが安心だそうです。自分の会社で設計を行うリフォームの会社は、建築士事務所登録を行っているそうです。登録をしていないと、設計は外注だそうです。

そういったあたりも信頼性につながってくるそうです。また、資格を持っている人たちの人数やその内容もチェックする必要があるそうです。

重要なのは国家資格だそうです。特に建築士というのは、設計や工事監理を行ったりできる資格なので、会社に何人いるかの確認は必要だそうです。建築施工管理技士というのも現場での指揮を行うための大事な資格だそうです。

一方で、インテリアコーディネーターやインテリアプランナー、福祉住環境コーディネーターというのは、民間団体が与える資格だそうです。

民間の資格も専門的な知識はもちろん必要ですが、力量は個人の素質や経験によって開きがあるということも念頭に置いた方がいいそうです。このような資格はホームページやパンプレットなどでチェックできるそうです。こういった資格も重要ですが、やはり担当者の人柄や力量というのはとても大事になってくるそうです。何より、自分との相性というのも大きく物を言うそうです。

リフォームは担当者と話し合いながら進めていくものだそうです。

人を見極める力も必要となるそうです。

有利な点と不利な点

長く住んでいると、家が古びてきたのが気になったり、間取りが現在の生活に合わないとか、耐震性や寒さや暑さなんかが気になってきたりするかと思います。バリアフリーにしたいという人も多くなるそうです。

部分的なリフォームならば迷うこともないそうですが、家全体が気になって仕方がないとなったら、リフォームから建て替えかで悩むかと思います。リフォームが有利なのは、家全体を変えるような大規模な工事をしたとしても、新築より工賃は2割から3割程度安く済む場合が多いそうです。

それは、既存のコンクリート基礎を残せるための土を掘ったり埋め戻したりする必要がないからだそうです。また、梁や柱などの構造材が腐食してないというのであれば、そのまま残せるそうです。工事の日数も新築よりも短いことが多いそうです。その分の人件費も安くなるそうです。もちろん部分的なリフォームなら安く出来たりするそうです。

予算や必要に応じて、工事の範囲を選べるということも利点のようです。一方で、新築というのは、初めから好きなように作ることができるかと思います。敷地への建物の配置や建物の形状というのも変えることができるそうです。

一番新しい住宅性能というのも得られるそうです。さらに、耐震性、断熱性も最初から考慮してつくることができるそうです。リフォームでこれらの性能を上げるとなると、大がかかりな工事となるわけで、費用もかさんでしまうそうです。

一方で、新築というのは、今まで住んできた家を壊してしまうということになるかと思います。リフォームというのは愛着のある家の雰囲気を保つことができるし、思い出を残しながら新しい家に住みたいという希望が叶うそうです。