飲食店の保健所のチェック

飲食店の営業をするときに、保健所の検査は必須となります。この検査に引っかかってしまうと、開業までに遅れが出てしまいます。また、場合によっては問題点を改善するために新たな費用が発生することもあります。保健所の検査で気を付けるポイントは、大きく分けて三点あると言われています。まず、厨房の床が掃除しやすい材料かどうかです。調理を多くする飲食店では、どうしても油などの汚れが発生します。この時、床は掃除がしやすいものになっているでしょうか。水を流して掃除ができるウェットキッチンになっているかなどがチェックされます。次に、シンクの数が二つ以上あるかも確認されます。食材を洗うための場所、食器を洗うための場所が分かれているかどうかが重要です。ただし、食器洗浄機があればシンクは一つでも問題ありません。三つ目は、木製の機器がないかどうかです。木製のものは、どうしても腐食してしまいます。特に鍋のフタやヘラなど、忘れがちです。こまめに買い替えているか、腐食の対応をしているかというところを見られます。そもそも使わなければ手間も増えずに安心です。他にも、グリストラップの設置などを行わなくてはなりません。グリストラップは、排水口に水を綺麗な状態で流すための装置です。飲食店では、油や細かい野菜の切れ端などがどうしても流れてしまいます。場所によっては、油水分離阻集器と呼ぶこともあるそうです。グリストラップの設置は保健所の検査項目ではありませんが、自発的に行っている店がほとんどとも言われています。グリストラップを使わなければ、排水溝を汚して虫やネズミなどを呼び寄せてしまいます。衛生的に問題があることはもちろん、保健所の検査でも引っかかってしまいます。

屋根や壁の定期的なチェック

最近では地震や台風などの災害も増えているため、普段から備えていなければなりません。住まいにおいても例外ではありません。家に何かしらの被害があってからリフォームを行うのではなく、「災害がきても大丈夫」という状態にしておかなくてはなりません。例えば外壁や屋根に関しては、自分に被害があることももちろんですが、崩れたり飛ばされたりすることで他人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。

建物が劣化している場合、災害があればさらに劣化の促進してしまいます。定期的なチェックを行って、耐えられる住宅になっているかどうかを確認していきましょう。まず外壁の劣化の場合は、自分の目で確認することができます。ヒビ割れがあるかどうか、雨水が入る隙間がないかという部分をチェックしましょう。また、外壁材が浮いてきていると感じたときは、もう既に雨水を吸収してしまっている可能性がありますので、早急な対応が必要です。目で見えなくても、中で腐食が進んでいるという場合もあります。古くなっていると感じたらすぐにチェックを行いましょう。

屋根に関しては、高所であるため素人が自分でチェックをしにいくのは止めましょう。特に古くなっている場合には、何かの拍子に怪我をしてしまう可能性が高いと言えます。屋根に関しては目でチェックするのではなく、築年数が10年経ったらまず専門家に相談をしてみましょう。もちろん10年より短くてもベストです。点検だけであれば無料にしている業者も多いため、定期的に活用していきましょう。何かあってから業者に頼むのではなく、何か問題が起こる前に行動に移しましょう。合わせて自分が加入している保険などもチェックしておけば安心です。

収納の工夫

部屋に物が多くて、何がどこにあるのか分からない…という場合、収納が上手くいっていないという場合も少なくありません。決して掃除をしていないというわけでなくても、物が多くあり過ぎると、どうしてもごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。収納をきちんと行う場合、どのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。収納を整理しようと思ったとき、まず初めに「部屋のものを全て出して、不用品を確認」しましょう。物には、いつも使うもの・必要になるけど常にではないもの・不要なもの、の三つに分けられます。自分の重要度によってどこにしまうかを分けると、生活自体もしやすくなります。次にクローゼットの使い方です。何となくどんどん服をしまっているという人もいるかもしれませんが、丈の長さを意識して並べてみましょう。すると、短い丈のものをまとめた時に下に新たな空間ができることに気がつくでしょう。余った空間は有効活用できますし、空間があるというだけでもすっきりした印象を与えることができます。服はシーズンごとに変わるものなので、いつ使うものなのかも意識しておきましょう。意外に見られるのは、玄関です。人が遊びにきたとき、まずはじめに玄関を通ります。その家の第一印象と言っても過言ではありません。特に女性であれば季節ごとに靴を買い換えるという人も多く、シュークローゼットがいっぱいになっているという人もいるかもしれません。靴をそのままクローゼットに並べるのではなく、例えば小さめのクリアケースに入れるなどをして区切りをつけてみましょう。きちんと並んでいると綺麗に見せることができますし、ほこりが入ることや、キズがつくことを防ぐことができます。

リフォーム会社は見極めること

リフォーム会社の会社概要は必ずチェックした方がいいそうです。

リフォーム会社を選ぶ際に最も重要となってくるのが、建設業の許可を得ているかどうかだそうです。リフォームは請負代金が500万円未満であれば、建設業の許可なく工事ができるそうです。

設備や内装の取り換えならまだしも、間取り変更が絡むような工事だったら、たとえ500万円未満だろうと建設業の許可がある会社に依頼したほうが安心だそうです。自分の会社で設計を行うリフォームの会社は、建築士事務所登録を行っているそうです。登録をしていないと、設計は外注だそうです。

そういったあたりも信頼性につながってくるそうです。また、資格を持っている人たちの人数やその内容もチェックする必要があるそうです。

重要なのは国家資格だそうです。特に建築士というのは、設計や工事監理を行ったりできる資格なので、会社に何人いるかの確認は必要だそうです。建築施工管理技士というのも現場での指揮を行うための大事な資格だそうです。

一方で、インテリアコーディネーターやインテリアプランナー、福祉住環境コーディネーターというのは、民間団体が与える資格だそうです。

民間の資格も専門的な知識はもちろん必要ですが、力量は個人の素質や経験によって開きがあるということも念頭に置いた方がいいそうです。このような資格はホームページやパンプレットなどでチェックできるそうです。こういった資格も重要ですが、やはり担当者の人柄や力量というのはとても大事になってくるそうです。何より、自分との相性というのも大きく物を言うそうです。

リフォームは担当者と話し合いながら進めていくものだそうです。

人を見極める力も必要となるそうです。

有利な点と不利な点

長く住んでいると、家が古びてきたのが気になったり、間取りが現在の生活に合わないとか、耐震性や寒さや暑さなんかが気になってきたりするかと思います。バリアフリーにしたいという人も多くなるそうです。

部分的なリフォームならば迷うこともないそうですが、家全体が気になって仕方がないとなったら、リフォームから建て替えかで悩むかと思います。リフォームが有利なのは、家全体を変えるような大規模な工事をしたとしても、新築より工賃は2割から3割程度安く済む場合が多いそうです。

それは、既存のコンクリート基礎を残せるための土を掘ったり埋め戻したりする必要がないからだそうです。また、梁や柱などの構造材が腐食してないというのであれば、そのまま残せるそうです。工事の日数も新築よりも短いことが多いそうです。その分の人件費も安くなるそうです。もちろん部分的なリフォームなら安く出来たりするそうです。

予算や必要に応じて、工事の範囲を選べるということも利点のようです。一方で、新築というのは、初めから好きなように作ることができるかと思います。敷地への建物の配置や建物の形状というのも変えることができるそうです。

一番新しい住宅性能というのも得られるそうです。さらに、耐震性、断熱性も最初から考慮してつくることができるそうです。リフォームでこれらの性能を上げるとなると、大がかかりな工事となるわけで、費用もかさんでしまうそうです。

一方で、新築というのは、今まで住んできた家を壊してしまうということになるかと思います。リフォームというのは愛着のある家の雰囲気を保つことができるし、思い出を残しながら新しい家に住みたいという希望が叶うそうです。