営業マンの話にある落とし穴

外壁の塗り替えを考えたとき、依頼する業者の営業マンの話を聞くとき、考えておいた方がいいこととは。営業マンにもいろいろな人がいます。「たとえ見積書の金額が少しばかり安くなったとしても、契約が取れればいい」と考えている人や、「どんなことをしてもいいので契約を1件でも多く取り、実績を積みたい」とか。営業マンならば考えても致し方ないのかもしれません。これは、塗装業界に限りません。営業マンならばより多くの契約を取ることで、自身の仕事のレベルが判断されるし、給料もアップします。死活問題にかかわる契約の数に必死になるのもやむを得ないでしょう。外壁の塗り替えは決して安いものではありません。営業マン同士も仕事の奪い合いという部分もあるでしょう。しつこくて怪しい営業マンが多いのも都心はマンション全盛で、戸建ては、新たな分譲住宅ができたばかりで、勢い「外壁塗装」の対象は、限られてくるため奪いあいになる、とい時代を反映しているかもしれません。ここで少し視点を変えて考えてみましょう。外壁の塗り替えをしたことのある方たちに、あなたは外壁の塗り替えを誰に頼んだと意識していますか、とお聞きすると、「営業マンと打ち合わせをしたんだから、営業マンに頼んだってことよね」と。おっしゃる通りかもしれません。でも、実はここが大きなポイントなんです。確かに営業マンと契約を交わしましたが、実際にあなたの家の塗り替えを行うのは誰でしょう。大手の業者であれば、当然営業マンと実際に作業をする職人は違うはすです。ここに、落とし穴が存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です