収納の工夫

部屋に物が多くて、何がどこにあるのか分からない…という場合、収納が上手くいっていないという場合も少なくありません。決して掃除をしていないというわけでなくても、物が多くあり過ぎると、どうしてもごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。収納をきちんと行う場合、どのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。収納を整理しようと思ったとき、まず初めに「部屋のものを全て出して、不用品を確認」しましょう。物には、いつも使うもの・必要になるけど常にではないもの・不要なもの、の三つに分けられます。自分の重要度によってどこにしまうかを分けると、生活自体もしやすくなります。次にクローゼットの使い方です。何となくどんどん服をしまっているという人もいるかもしれませんが、丈の長さを意識して並べてみましょう。すると、短い丈のものをまとめた時に下に新たな空間ができることに気がつくでしょう。余った空間は有効活用できますし、空間があるというだけでもすっきりした印象を与えることができます。服はシーズンごとに変わるものなので、いつ使うものなのかも意識しておきましょう。意外に見られるのは、玄関です。人が遊びにきたとき、まずはじめに玄関を通ります。その家の第一印象と言っても過言ではありません。特に女性であれば季節ごとに靴を買い換えるという人も多く、シュークローゼットがいっぱいになっているという人もいるかもしれません。靴をそのままクローゼットに並べるのではなく、例えば小さめのクリアケースに入れるなどをして区切りをつけてみましょう。きちんと並んでいると綺麗に見せることができますし、ほこりが入ることや、キズがつくことを防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です