当サイト閲覧前に

         

はじめまして。

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。

他のページをご覧になられる前に当サイトを作成しようと思ったきっかけについてお話ししていこうと思います。

実は当サイトを制作する前、屋根の一部が天災の影響ではがれてしまい…屋根に登ろうかどうしようか悩んだのですが、登れたとしても応急処置のやり方も分かりませんし、下手に上るのはあまりにも危険であると判断し、屋根工事について調べていたのです。

その時に屋根材の種類や、定期点検の必要性を知り、その後は工事も完了し平穏な日々を取り戻しました。

お家の中で雨風から守ってくれている屋根の大切さを再認識したのと共に、屋根工事を考えている人や作者のように緊急事態で屋根工事を行わなければならない人が工事前に「知れておいてよかった!」と思ってもらえるものをまとめ、サイトを制作することを決めました。

さて、屋根工事でもお部屋の工事でもそうですが、格安リフォームと聞くと不安になる方もいらっしゃるかと思います。

せっかくですのでここでは格安リフォームについても少し触れていければなと思います。

リフォームをしようと思ってインターネットやチラシを見てみると「システムキッチン半額」「システムバス50%オフ!」といったような謳い文句が踊っているかと思います。

こんなに本当に値引きをしてくれるのか、こんな値段でリフォーム会社はやっていけるのかと心配になったりするかと思います。

しかし、当然ながらそんな心配は無用だそうです。

このようなチラシなどにはからくりがあるそうです。値引きのもとになっているのが、メーカー希望小売価格というものだそうです。リフォーム会社や工務店では希望小売価格の通りに引き渡しを行っているケースはないそうです。

相場的には希望小売価格の70〜80%、中には50%前後というケースもあるそうです。つまり、もともと一般的に希望小売価格よりも安く施主に提供しているのだそうです。リフォーム会社によって、どれだけ安くなるのかはメーカーとの取引関係によって違ってくるそうです。

加えて型落ち品や在庫品の場合は、通常よりももっと安く提供できて当たり前なのだそうです。あまり、格安チラシにはのせられない方がいいかもしれません。

また、「坪単価??万円でできる全面リフォーム」というようなチラシも注意が必要だそうです。なぜなら、予め決められている「標準仕様」でやれば、間違いなくその価格でできるからだそうです。

ただしその標準仕様を超えた設備や建材を選べば費用がアップするのは当たり前のことだそうです。

また工事範囲を広げても工事費はアップするそうです。

標準仕様というものをしっかりと確認する必要があるそうです。

坪単価から全体の費用を出してしまうと大幅な予算オーバーとなってしまうかもしれないそうです。安さには注意が必要な部分もあるようです。

      

屋根工事Farmー工事の前に知っておこうーのTOPへ