健康な住まいに住むということ

生活の質というのは、健康な住まいによって高まるといわれているそうです。

一般に不快だなと感じる住まいというのは、暑苦しいとか、寒すぎるとか、カビや結露が発生しやすいというのがあるかと思います。

日当りが悪いとか風通しが良すぎたり、換気が悪かったりというのは、やっぱり嫌だと思います。また、高温多湿の日本では、カビや結露が発生しやすいというのもあるかと思います。

さらに高気密で高断熱の家造りというものがおこなわれるようになって、今までは問題にはならなかったシックハウス症候群というものが引き起こされたりするようになったそうです。換気不足になりがちな家ということだそうです。

住まいというのは、トータルに考えていかなければ、好きなように改造したり、自分好みの工夫や対処だけでは不健康なものになるということのようです。

健康的な住まいというのはどういったものかというと、やはり光、風、熱がコントロール出来ている家になるそうです。単に採光や通風だけを目的としているものではなくて、室内に光の層や空気の層をどのように作るかということが計画されていなければならないそうです。

さらに南側の暖かい空気が北側まで届くような仕掛けをしてみたり、昼夜に生じる温度の差の対策もしておかなければならいそうです。

それは断熱サッシや二重サッシの取り入れることなどでできるそうです。

一般的には、健康住宅というのは、自然素材を使用して温熱環境をコントロールして、快適な空間を作り出すものだといわれているそうです。もう少し健康的に焦点を当ててみると、身体の健康、心の健康、生活の健康、思想の健康、運命の健康というものが、合わさっているものがいいといわれているそうです。

      

屋根工事Farmー工事の前に知っておこうーのTOPへ