日本の自然とリフォーム

日本というのは、縦に細長くて亜寒帯から亜熱帯に属しているそうです。

そして列島の真ん中には山脈があって、そのため地域ごとに風土が異なっているそうです。日本は、地域によっては住まいの環境が違っているかと思います。

蒸し暑さに対処するために、風通しのよい開放的な空間、冬の寒さを凌ぐためなら閉鎖的な空間にするそうです。

日本には四季があるので、これをうまいことデザインに落とし込むというのも大切なポイントだそうです。日本の住まいには大きな特徴があるそうです。

外部と内部の境界が曖昧なのだそうです。すなわち開口部がはっきりとしていないというのです。マドは外と内の空間を仕切る「間の戸」であるそうです。外と内の風穴が窓という考え方とは大きく異なっているといえるそうです。

「間戸」と「窓」は違うのだそうです。日本の「間戸」というのは、一部を開放することで限られた空間に広がりをもたせているのだそうです。

機能を限定しない多用途な空間を生み出したといえるそうです。自然とどうしたら共存できるのかというのが、とても大切なポイントになるそうです。

廊下とデッキ、リビングとダイニングなどといった一体感と区切りというのは工夫してできた空間であったといえるそうです。とはいえ、一般的な家は、南側は大きな窓などがあって、北側は開口部を小さくするといった感じで、地域性がそんなにあるとは思えません。

ただ、これをリフォームするときに、地域性をもたせてもいいのではないかという考え方もあるそうです。

リフォームをするなら、自分の住んでいる地域性や自然環境をよく考えて、活かせるものにしたいと思います。デザインも町家風やいろりがあるなど色々考えられるのもリフォームの楽しいところかと思います。

      

屋根工事Farmー工事の前に知っておこうーのTOPへ