メンテナンス周期でリフォーム

15年を過ぎた住宅というのは、ほとんどがメンテナンスの時期となるそうです。住宅というのは、必ず一定の周期でメンテナンスというのが必要なのだそうです。メンテナンスを怠っていると、美観を損ねてしまうかと思います。

住まいの耐久性や使い勝手にとても影響してくるそうです。

早め早めの対応をすることが、住まいを長持ちさせることにもなるそうです。

外壁の塗替えはひび割れの補修をすることもできますし、雨漏りを防ぐということにも使えるそうです。外装に関して、瓦やタイルなどは、15年から20年が塗り替えや葺き替えのタイミングといわれているそうです。

内装もビニールクロスやフローリングは10〜15年ぐらいで劣化が目立ってくるそうです。設備機器は概ね15年程度が取り換え時期となるそうです。

リフォームをしようと思うのは、設備機器の老朽化がきっかけが多いそうです。

故障や不具合といったことだけではなくて、最新の機器と比べてしまって機能や使い勝手が劣っているように感じるからだそうです。

外装や内装、機器の老化といったことで、思い切って住まいのリフォームを考えるのはいいかもしれません。また、住んでいる人が年齢を重ねていくというのもリフォームの動機になるそうです。

家の中の段差が気になったり、老化や浴室の寒さが身体に応えたりしてくると、身体に優しいバリアフリーな住まいを考えるようになるそうです。

家族が増えることで、収納スペースが足りなくなったりというのもリフォームの動機になるそうです。

メンテナンス時期と合わせて、暮らしの状態を考えてみると、リフォームを決断する人も多いそうです。住んでいる人が快適に暮らしていけるようにリフォームで対応してみたらいいかと思います。

      

屋根工事Farmー工事の前に知っておこうーのTOPへ