ウッドデッキを設置

建物と庭との中間地帯に設置するのは、ウッドデッキというものだそうです。

室内の床面との高さを揃えてみると、部屋が外に広がっているような感じになって開放感があって素敵だと思います。

ウッドデッキというのは、小さな子どもの遊び場になったり、プランターを置いてガーデニングをしたりできるかと思います。広いと日差しを浴びながら食事をしたりもできて暮らしが広がる感じがします。天然木で作ると、手入れは大変なのだそうです。一年に一度は、木材保護塗料を塗ったりしなければならないそうです。木を雨や日差しから守るのは大変なようです。

手入れをしても、常に風雨にさらされるので、壽命としては5年から10年なのだそうです。使用する木材にもよるそうなので、リフォーム会社などに相談したほうがいいそうです。見た目を天然木のようにした樹脂系の素材によるデッキもあるそうです。これは壽命が長くて、メンテナンスの手間も掛からないそうです。

触れた感じは天然木とは違うそうですが、こだわりがなければ、こういった商品を選ぶのもいいそうdす。ウッドデッキを置くスペースがないとか、大きいのはいらないという場合は、濡れ縁、広縁を設けるのもいいそうです。

広縁というのは庭に面した室内にあるスペースだそうです。縁側と呼ばれるものだそうです。濡れ縁というのは、雨戸の外に張り出した縁側だそうです。ちょっと腰掛けて庭を眺めるという場所にもってこいといったところだそうです。家族や近隣住人とのコミュニケーションを取るのにもいいそうです。

広縁や濡れ縁を設けるときには、そこから見える景色、眺めを重視しないといけないと思います。庭を和風にするというのもいいかもしれません。

      

屋根工事Farmー工事の前に知っておこうーのTOPへ