エクステリアリフォーム

エクステリアというのは、外観や外装といった意味の言葉だそうです。

住宅リフォームでエクステリアというのは、3つのゾーンに分けられるそうです。門扉やフェンス、玄関アプローチ、駐車スペースといったエントランスゾーン、家の側面や北側などの勝手口や空調設備の室外機や給湯器の設置をするサービスゾーン、デッキやサンルームなどに使う庭のガーデンゾーンだそうです。

門扉やフェンス、玄関アプローチ、カーポートのゾーンは建物の顔だそうです。

使用する素材や製品を建物に合わせてコーディーネートするというのはとても大切だそうです。アルミの門扉とレンガを使った門扉というのは、イメージがまったく違うかと思います。

また、玄関アプローチがタイル張りなのか、石を置くのかというのも違ってくると思います。自分のイメージをきちんと伝えて、それを平面図やスケッチで見せてもらって、確認するというのも必要だそうです。

エクステリアというのは、夏場の遮熱や室内への風通しにも影響するそうです。

夏場の日差しに悩んでいたら、木を植えることで改善されるそうです。

落葉樹ならば、夏は葉が茂って、冬は葉が落ちるので、日射量を自然に調節してくれるそうです。西側はグリーンカーテンを作るのもいいそうです。

温度調節をしてくれるそうです。

ブロック塀などで風通しが妨げられているならば、フェンスを通風性にあるものにしたり、昔ながらの生け垣というのもいいそうです。生け垣の緑は見た目も爽やかで、町の景観にも貢献できるのではないかと思います。庭には給排水管やガス管、雨水枡などが埋め込まれているそうです。

エクステリアリフォームをする際には、そのへんの設備の点検も行ってもらうようにしたらいいそうです。

      

屋根工事Farmー工事の前に知っておこうーのTOPへ