屋根のリフォーム方法

       

        

屋根というのは、劣化するほど手間と費用がかかるそうです。

屋根材が劣化して色あせや割れなどが目立ってきたら、屋根工事や屋根リフォームを検討するといいそうです。一番手軽な方法として、塗替えがあるそうです。

色あせで塗替えが必要になる屋根材というのは、ガルバリウム鋼材、セメント瓦の塗装製品、化粧スレートなどだそうです。

粘土瓦は塗装製品ではないということで、色落ちはしないそうです。

塗り替えは既存の屋根を高圧洗浄してから、下塗りと仕上げ塗りを行うそうです。廃材も出ることなく、費用的に一番安く済む方法だそうです。屋根材を変えたい場合には、「重ね葺き」と「葺き替え」があるそうです。重ね葺きというのは、劣化した既存の屋根の上に新しい屋根材をかぶせる方法だそうです。これも廃材がでないそうです。撤去処分費というのが発生しないそうです。

ただし、材料費が塗り替えよりも多くかかるそうです。

また、重ねて葺くことで、屋根の重量が増えてしまうそうです。化粧スレートやガルバリウム鋼板などの軽い材料を選ぶべきだそうです。葺き替えというのは、既存の屋根材を撤去して別の屋根材で葺き替えることだそうです。その際に屋根の下地も取り換えてから葺き替えることが多いそうです。費用的には最も高いそうです。屋根材は事由に選ぶことができるそうです。

塗り替えや重ね葺きは既存の屋根を残す方法だそうです。屋根を構成している木材や合板がかなり劣化して腐食が見られる場合などには向かないそうです。

せっかく表面をキレイにしても、中身が劣化していては雨漏りなどの原因になる恐れがあるからだそうです。

葺き替えは相当に築年数が経っている場合にふさわしい方法だそうです。

    

屋根材はリフォームを踏まえて選ぶ

     

屋根というと、昔ながらの日本の住宅には和瓦が使われていることが多いそうです。和瓦というのは、粘土を焼き締めた「粘土瓦」で、耐久性の高い材料だそうです。塗り直しということがないので、屋根の下地の劣化が進んだら葺き替えを行うとよいそうです。

他の材料と比べて重量があるそうなので、屋根を軽くしたいということだと、他の屋根材への葺き替えを検討するといいそうです。一方で、洋風の外観に合うからという理由で、化粧スレートというのが使われたりするそうです。

塗装製品ということで、経年変化で色あせたりするそうです。そのため、定期的に塗り替えたりすることを検討するそうです。その際には割れやズレなどの補修や交換もしておくといいそうです。形状がフラットだったり軽い素材なので、屋根材を残して行う重ね葺きに向いているそうです。

見た目が劣化してしまったら、新しい製品を重ね葺きするというのも方法だそうです。最新の製品ほど色が長くもったり、割れにくかったりするそうです。

耐久性も高くなっているものもあるのが特徴だそうです。金属屋根材のガルバリウム鋼板も、最近では人気が出てきたそうです。比較的安くてシンプルでモダンな雰囲気の外観によく似合うそうです。

金属製品による錆と、塗装製品による色あせチェックが必要だそうです。

定期的な点検で、早めの対応をするとよいそうです。また、軽量なので、重ね葺きにも向いているそうです。その他の屋根の材料としては、セメントを主原料としたセメント瓦があるそうです。

これらも塗装製品ということで、塗替えの時期がくるそうです。塗り替えに関しては、屋根材によって塗料や方法が変わるそうです。

もし何か屋根工事や屋根のリフォームの事で悩んでいる場合は屋根の工事や修理ならクイック屋根工事などのサイトで優良工事店を1度調べてみるといいかもしれません。

もしお近くにリフォーム会社等ある場合はそちらに相談するのも良いかと思います。

     

生活音もリフォームで改善できる

     

音というのは、人は見えるところで発生する音というのはあまり気にならないそうです。反対に見えない音というのはとても気になるそうです。

当然、不要な音や騒音というものはシャットアウト出来たら快適だと思います。

ただ家族のかすかな生活音というのは気配を感じたりすることで、安心感につながったりもするものだといいます。身辺にかすかな存在感というのも精神を安定させるためにはとても重要なものなのだそうです。

音には、固体伝搬音と空気伝播音の二種類があるそうです。

個体伝播音というのは、壁や床なんかを伝わってくる音だそうです。排水管を流れる音やドアの開閉音などのことだそうです。空気伝播音というのは、空気を媒介にして伝わる音だそうです。テレビや楽器などの音のことだそうです。

最近の住まいづくりというのは、ワンルームのようなできる限り壁を無くした使い方ができるようなものを好む人が多いそうです。

区切りのないオープンな平面計画が可能なのは、壁がなくても、高気密で高断熱を取り入れているからだそうです。

一方で、オープンだと室内で発生した音が部屋全体に広がってしまって、不快に感じたりすることもあるそうです。

また、無機質な材料が多く使われていることで共鳴を起こしてしまう原因にもなるそうです。音というのは、少しの工夫で伝わり方が変わるそうです。

例えば、オープンキッチンならシンクで手元を隠す小さな壁を立ち上げただけでも給水の音やお茶碗を洗う音は少なからず遮蔽されるそうです。

もちろん音の聞こえ方というのは十人十色だと思います。

家族であっても音の感じ方は違うと思います。

生活状況に応じて、音の発生源を検討しておくというのも必要なようです。